読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さぁ、好きなことしよう。

好きなことで食べて行きたい!語るだけの怠け者から卒業するための喝入れ日記!in ワーホリでシドニー編

目的がなく来たけど、結果楽しく過ごしています。

長い人生なんだから、数ヶ月くらい遊び暮らしてもいいじゃないか

言い訳っぽく聞こえる(笑)

でも、正直そう思うんだから仕方ない。

何もせず、ダラダラ過ごせる日々なんて、働いていたらなかなかできないこと。

仕事を辞めた後の数ヶ月くらいしかこんなチャンスないんだから、その絶好のチャンスを海外でバカンスしてた、って言えば納得な日々。

 

ワーホリ来て、3ヶ月過ぎちゃったな〜。

 

もし、十分過ぎるほどの貯金を持ってこっちに来ていたら、私の性格上貯金が尽きかけるまでのんびり過ごしていたに違いない。

だって、なんかすごーく気候が爽やかなんです、シドニー

今2月で多分真夏過ぎたくらいなのだと思うのですが、ジメジメしていなくてカラッとした空気と緑の多い街並み、青い空、日差しは強いが日陰は涼しい。

中には不快指数めっちゃ高いジメジメ&動けないくらい暑い!と感じた日も数日ありましたが、基本扇風機があれば過ごせる範囲の日が多い。(扇風機も使ったり使わなかったり。エアコンは今住んでる家にはないけれど、必要性は感じてないです)

 

シティにはアーティスティック&おしゃれな建物が多く、郊外にはクラシカルなデザインの可愛いお家がたくさんある。

日本じゃ建築法とかで実用性重視の建物になってるから、画一的で面白くないんだろうなーと思いました。逆にこっちのユニークな構造の建物が日本に建ってたら、地震で一発で潰れそう。

 

ウールワース(節約の強い味方!のスーパーマーケット)に行くだけでも、正直いまだに楽しい。2日置きぐらいで通い続けていると言うのに(笑)

日本にいた頃からスーパーへ行くのは楽しかったんですが、こっちはイチイチいろんなパッケージデザインが可愛くてテンション上がるし、案外現地ブランドの日本食品もあるんだーとか「海外に浸透している日本」を垣間見れたりして楽しい。

特に何もしてないけど、なんか楽しい。

(もちろん相方と一緒にいるから、っていうのもありますが。まぁいいことばっかりでもないですけどね。)

 

英語はできないけど、雇ってくれるところありました

さて。のんびり遊んで暮らして、語学学校にも行かず大して自主勉強もして来なかった私の英語力は、エレメンタリークラスのレベルで止まったままではありますが、それでも一人でメルボルンへ行き、ホステルに泊まり、他国の人と知り合ってシドニーに戻ってくるぐらいにはなりました。

だからきっと、真面目に真剣に英語の勉強に取り組んでいれば、3ヶ月あれば最低限のコミュニケーションは取れるようになったんだろな、と思います。

語学学校行けるくらいの費用は貯金しとけば…とそこは悔やみどころではありますが、ないもんは無いから自主的にやればいいだけの話なんですけどね。

でもこっちで自主的にやれる人は、日本でもちゃんと自力で英語勉強して来れる人だと思うから、自主勉が苦手な人は学校に行くためのお金を貯めるべく働く方が良いのかもしれませんね。

 

で、話は変わりますが、前回「中学レベルの基本的文法くらいは理解してないとジャパレスでも不可!」みたいなこと書きましたが、「英語力本当に問わない求人」が3件ほどあったので、来てすぐに働くのは可能だったなぁって思いました。

早ければ来週、遅くても来月から仕事が始められそうなので、とりあえず帰国せずに済みそうなので一安心。

行動すればなんとかなる、ですね。ほんと。

もう少し長くオーストラリアにいたくなって来たので、この先どうやって過ごして行くべきか考えるようになりました。

年齢が引っかからなければセカンドビザ取得に向け動き出したでしょうが、セカンドはもう取れないので、違う道を探さないと…と急にやることができ始めたこの頃です。

目的ができたので、これから先が楽しみです。