さぁ、好きなことしよう。

好きなことで食べて行きたい!語るだけの怠け者から卒業するための喝入れ日記!in ワーホリでシドニー編

ニートから脱する。

ホリデーニート

ブログ記事二回目。先は長い!

ちなみにこのブログの目標記事数は100件です。

あれ?そしたら1年かからない?3日に1記事で目指せ一年間ですね。

 

さて、現在絶賛ニート中であります。

もう時間があれば寝るかスマホゲームするか寝るか食べるか…といった状況。

さすがに、これはマズイ。

好きなことをして食べて行く以前に、最低限の生活もできていない有様にいよいよ危機感を抱き始めたワーホリ1ヶ月半めでございます。

 

ワーホリとはワーキングホリデー。

そうです、私は今オーストラリアはシドニーにワーホリしに来ています。

それを先に言えよ、という声が聞こえてきそうですね。

 

ワーホリの半分はワークですが残り半分はホリデーなので、現在絶賛ニート中(本日二回目)な私も「ホリデーを満喫している」といえばワーホリ自体の目的は逸脱してはいないはず。

しかしホリデー…この日がな一日をぐうたら寝て過ごすことを全力でホリデーと言えない小心者な私。

早く働かねば、外に出なければ、と悪魔のささやきが安息を邪魔をする日々。(天使じゃなく?)

 

なぜこんなにダラダラすることに罪悪感を覚えるのでしょう?

答えは簡単。お金が無いから。

 

なぜニートではいけないのか。

食うに困らないしっかりとした貯蓄があれば、もう目一杯ホリデーを楽しめる道理。

私はそんなニートなホリデーを満喫できる身分じゃ無いのに休んでいるから、罪悪感が生まれるんです。

好きなことだけしていたいんです、基本。だけど、お金が無いと生活できないから好きなことを仕事にするしかない。

そのためには、頭を使い行動するしかない。

昨日と同じ結論に至るのでした。

 

今日のチャレンジ:先延ばしにしていたデジカメの写真整理に乗り出したこと。

 

さぁ、でもとりあえずアルバイト探そう。明日。

(あれっ、昨日も同じコト言ってた気がする!)